巻き肩・猫背を改善する方法は?肩が開くと全身痩せできる!

巻き肩&猫背を改善する方法

スポンサードリンク

こんにちは!ルカ(@RUKAv2)です。

今回取り上げる疑問は、「巻き肩・猫背を改善する方法は?」というものです。巻き肩や猫背を改善すると、全身の力が抜けてあっという間に痩せていきます。

ちなみにわたしが巻き肩&猫背改善したときの様子がこちら。

巻き肩猫背改善

結構違いますよね(汗)右の状態しか知らない友達にこれを見せると、「え 誰?」と必ず言われます。肩が開いて姿勢が良くなるだけでこれだけ変わるものかと自分でも驚きました。

巻き肩・猫背を解消したい人はぜひ参考にしてみてください!

スポンサードリンク

巻き肩と猫背ってどう違うの?

巻き肩は、肩が内側に入り込んだ状態です。猫背は、文字通り背中が丸まった状態です。肩が丸まってくると体の前面に力が入るようになるので、自然と背中も丸まって猫背になってしまいます。

だから、順番としては巻き肩を先に改善する方が効率が良いです^^

わたしの左の写真の背中も丸まっていますが、主に巻き肩に焦点を当てた結果右のような姿勢になりました。

ちゃんとやれば、姿勢も体も変わります。巻き肩と猫背が改善されると、第一印象も一気に変わりますよ!

肩が開くと体に起こる良いこと

肩が開くと、まず体全体が安定します。肩が丸まっている状態では、どうしても体の前側、例えば大胸筋や大腿四頭筋などに力が入るようになります。

そうすると呼吸が浅くなり、体内の循環が悪い体になるのはもちろん、メンタル面にも影響が出てきます。精神的にどんより落ち込んでしまったり、よく眠れなくて不眠症になり仕事のパフォーマンスが落ちたりします。

肩が開くと、これらがすべて解決されます。わたしが実際そうでした^^

呼吸は深くなり、むくみや冷えも改善され、精神面も安定しました。巻き肩がひどかったころは、不安からか過呼吸気味になったりして体も心も不安定でした。

巻き肩や猫背を改善することの重要性を知って、ぜひ次のことに取り組んでみてください!

巻き肩・猫背を治す方法

巻き肩が良くなると猫背も自然と改善されていくので、まずは巻き肩から見ていきましょう♩

わたしが巻き肩を改善した方法は下の3つです。

  • 手のひらを前に向けるクセをつける
  • 巻き肩改善ケアを行う
  • うなじを伸ばすイメージを持つ

順番に説明していきます^^

手のひらを前に向けるクセをつける

普段から意識すべきこととして、手のひらを前に向けるようにします。

巻き肩になっている人は、自然に立った時手のひらが後ろを向いていることが多いです。肩が丸まっているので、自然と腕もねじれて後ろを向いてしまうんですね。

でも、普段から手のひらを前に向けるようにしていると、だんだん肩が開く感覚がわかってきます。

ポイントは、手のひらを前に向けるときに肩から開く感覚を持つこと。今座っている人は、手のひらを上に返してみてください。肩が解放されるのがわかればオッケーです^^

巻き肩改善ケアを行う

次に、巻き肩改善ケアを行っていきます。これはさとう式リンパケアの公認インストラクターであるさかえみきこ先生が出している本で、わたしが大事にしている本です。

この本に出会って、「肩って開くんだ!」と驚きました。巻き肩改善に特化しているこれほど効果的な本は他にはないので、大変おすすめです。

ここに載っているケアを一通りやっていくと、不思議と肩が開きます。かなり簡単な方法なので「本当に効くの?」と疑いたくなりますが、効きます。大丈夫です。

上の写真が証拠です。

中身まで言ってしまうと本の意味がなくなってしまうので細かくは言いません。ですが、それで終わらせてしまったらこの項目の意味がなくなってしまうので、似たやり方を紹介します^^

「本買うのはやだよ…」という人は、「さとう式リンパケア 耳たぶ回し」で調べてみてください。これは巻き肩専用ではないですが、確実に効きます。

以下に動画を載せておくので、そちらを参考にしてみてください^^これだけでも十分いけます。

うなじを伸ばすイメージを持つ

最後に、うなじを伸ばすイメージを持って過ごします。普段何気なく立っているときに、うなじを伸ばしてみてください。スッと全身の姿勢が良くなるはずです。

「良い姿勢にして」と言うと、みんな背筋を伸ばしたり胸を張ろうとします。でもこれは間違いです。力を入れなくてもいいところまで力が入ってしまうので、この方法はおすすめしません。

一方うなじを伸ばすイメージだと、背中にも脚にも力が入らないのに全身が自然に伸びます。「姿勢を良くするにはうなじ!」と覚えておいてください。

体が変わると気持ちが変わる

3つの方法を紹介しました♩

こんな簡単なことで、体は変わります。よく「姿勢を良くしたいなら腹筋と背筋を鍛えなさい!」と言いますが、わたしからしたら本当にアホな意見です。ただ痩せるだけなら運動は必要ないです。

大切なのは、力を抜くこと。巻き肩や猫背の原因となっている大胸筋の縮みを取っていくだけで、肩は開き姿勢は良くなっていきます。

世間一般の間違ったダイエット・健康の常識に惑わされず、本当に効果のある方法を知ってください!

あなたのダイエットが成功しますように♡

次の記事はこれ!
浮き指を改善して脚痩せする方法。ヒールを履く人は要注意!

第1章ダイエットの基礎知識を学ぼう目次ページリンク

スポンサードリンク