「筋肉痛になると痩せる」のは本当か?

筋肉痛になると痩せるのは本当か?

スポンサードリンク

こんにちは!ルカ(@RUKAv2)です。
「ダイエッターの疑問」もこれで終了です^^

わたしが過去ダイエットをするうちに気になったことをまとめているので、他の疑問もぜひ読んでみてくださいね!何かヒントが見つかるかもしれません。

さて、最後の疑問は「筋肉痛になると痩せるのは本当?」というものです。

筋肉痛になるってことは、筋肉が使われて鍛えられた証拠…だったら痩せるよね?それなのに、筋肉痛になっても何も変わらないんだけど…

と、わたしは思っていました。特に脚は、鍛えて筋肉痛になっても太さが変わらないどころか、余計太くなったりするんです。

今回は、筋肉痛とダイエット・脚痩せの関係について説明していきます^^

スポンサードリンク

筋肉痛っていいこと?

「筋肉痛になったー!やった!」という声をたまに聞きますが、筋肉痛って良いことなのでしょうか?

正直、わたしにもよくわかりません。筋肉痛になるメカニズムは、実ははっきりと解明されていないようです。

一説によると、筋繊維が破壊され、そしてもう一度結びつくときに強固になるという働きをするようなのですが、はっきりとはわかっていないそうです。

そうすると、筋肉痛がいいのか悪いのかはたまたどちらでもないのか、ダイエットや脚痩せに効果があるのかどうか、などどうしたらわかるの?と思いますよね。

わたしもよくわかりませんでした。だから、自分の体で実験してみました。「筋肉痛になる=痩せる」が証明できるかどうか?試してみたんです。

筋肉痛と脚痩せは結びつかない

たくさん走ったり筋トレしたり、筋肉痛になることをたくさんしてみました。そして見事、筋肉痛になりました。

しかし、肝心のダイエット効果・脚痩せは特にありませんでした。

たしかに、筋肉に痛みはあるんです。それも変な痛みじゃなく、ちゃんとした筋肉痛。「いてて…」となるあれです。でも、別に細くはならないんです。

引締まった感はありますが、サイズ的にはほとんど変わりません。

ただ、「それってちょっとしかやってないからじゃないの?」と突っ込まれては困ると思い、3ヶ月くらい継続してやってみたこともありました。

でも、脚のサイズは本当に変わりないんです。むしろ実が詰まった感じになって、「筋肉質だね」と言われそうな体。「わたしがなりたいのはこんな体じゃない!もっとふわふわした質感で華奢な体の女の子になりたいのに(涙)」と泣きたくなりました。

こんなに頑張ったのに、筋肉痛になるくらい頑張ってるのに、どうして変わらないの?と疑問に思ったんです。

使うべき筋肉が使われないと意味がない

上の実験は数年前のことです。それからたくさん考えました。

「運動すれば痩せるわけじゃないってことがわかった。実際わたしがそうだったし、周りにも同じような人が何人かいる。どうしてなんだろう?」と思い続け、整体師になったりいろいろセミナーに行ったりするうち、一つの結論が生まれました。

それは、「使うべき筋肉が使われないと効果がない」ということです。

わたしの脚は、形が良くないです。ある時までは友達に「美脚だね」とまで言われるくらいだったのに、たくさん ヒールを履いたり変な歩き方をしていたせいで、脚がどんどん太くなり、形も変わってしまいました。

その頃から、脚の筋肉のつき方がアンバランスになってしまったんです。

筋肉バランスが悪いまま運動して筋肉痛になっても、根本的なバランス自体は一向に変わりません。だから意味がなかったんだ、ということに気がつきました。

がむしゃらに運動するのはNG

よって、タイトルの「筋肉痛になると 痩せるのは本当か?」という問いの答えは、「いいえ」です。

もちろん、筋肉痛になって細くなる人もいます。でもそれは、鍛えるべき筋肉を鍛えられたときだけ。わたしみたいに筋肉バランスがよくない人は、がむしゃらに運動して筋肉痛になってもあまり意味がありません。

わたしが昔運動も食事制限もなしで5キロ以上痩せたときは、2週間もかかりませんでした。体は、筋肉の使い方や骨の使い方を変えるだけで、すぐに変わるのです。

だから、運動は必ずしも必要なものではありません。運動の前に「体の使い方」が大事だということです。

今まで「とにかく運動だ!」と思って筋トレやエクササイズをしていた人は、一度考え直してみてくださね! 

うまくいかない場合は、生まれつきの体質ではなく、何か理由があるはずです。その理由さえわかれば、体はきっと変わっていきますよ。

一緒にゆる〜く頑張っていきましょう♡

次の記事はこれ!
ダイエットにストレスは大敵!ストレスがある限り絶対に痩せない。

第1章ダイエットの基礎知識を学ぼう目次ページリンク

スポンサードリンク