モデルは骨格と体質が普通の人と違うの?モデル体型は誰でもなれる

モデル体型骨格と体質の違い

スポンサードリンク

こんにちは!ルカ(@RUKAv2)です。

たぶん、世の中のだいたいの人が思っていると予想される、

「モデルは骨格が特別」
「モデルはもとから痩せやすい体質」

ということ。実は、決してそんなことはないんです。

なのに多くの人が「モデルは自分とは違う」と勝手に線引きしてしまい、「自分とは違う理由」として生まれつきの骨格や体型を言い訳にするんです。
あなたとモデルの間に何の差もないってことをとことん解説します!!

ということで、ダイエッターの4つ目の疑問にお答えしていきます^^

スポンサードリンク

あなたとモデルの間に何の差もないことの証明

では、あなたとモデルの間に何の差もないことをめちゃくちゃ簡単にスッキリと説明します。

ずばり、「モデルは全員もとから細かったですか??」ということです。
たしかに、もともと細いモデルもいます。
例えばローラ、菜々緒、桐谷美玲あたりはそういうタイプの典型です。
もちろん美しさを保つために努力もしていると思いますが、昔の体型を見る限り太っている時期はありません。

反対に、ぽっちゃりをだいぶ越したくらいの体型からモデル体型になった人もいます。
この事実が、あなたとモデルの間に何の差もないことの根拠になります。 

↓こちらの記事を読んでみてください。
鈴木あやらが”太っていた頃”を公開 ダイエット法を明かす

みんな、太ったところから頑張ったモデルたちです。
ちなみにわたしは谷川りさこちゃんが好きです^^ 
これを見ると、「みんなもとから細かったわけじゃないんだ」とわかりますよね。
「今のわたし、このモデルたちの太ってる方に近い…」と思って落ち込むのではなく、「これだけ変われるんだ」と考えてください。

「モデルは生まれつき自分とは何もかもが違う」と思ってしまいがちですが、そうではありません。変わろうと思う人は変わるし、そうじゃない人は変わらない。ただそれだけのことです。 

モデル体型は作れる!

ここまで読んで、「わたしもモデル体型になれるかも?」と思ってくれていたら嬉しいです。
そうやって思えたら、成功したも同然です。

「カワイイは作れる!」と一緒で「モデル体型は作れる!」んですよ^^

骨格の違いはあるの?

また、「骨格とか体質は違わないの?」と疑問に思った人に向けてちょっと説明します。
実は、骨の長い短いに関してはちょっとだけ違いがあります。
腰の位置や脚の長さなど、どうしても変えにくい部分もあります。
でも、それは細くすることでカバーできます。細くなると、「太くて短い」と思っていた腕や脚も長く見えるものです^^

「骨太」という言葉がありますが、「骨が太いから体も太い」ということはありません。
骨の大きさや太さに多少差があったとしても、それは体型に影響を及ぼすものではありません。
わたしもお医者さんに「骨しっかりしてるね。太めだね」と言われたことがありその時はショックを受けましたが、痩せたら別に何も気になりませんでした。
「なんだ!あんまり関係ないのか!」と思って嬉しくなったのを覚えています。

体質の違いはあるの?

体質については、生まれつき痩せやすい体質の人もたしかにいます。
しかし、体質はいくらでも変えられます。体の使い方や姿勢、食事や運動など、何かしらやれば体質は変わります。
だから、正しく言うとすれば「たしかに『今』はモデルとは体質は違うかもしれないけど、体質はこれからいくらでも変えられる」ということになります。 

あなたとモデルの差は「やるかやらないか」だけなことと、「やろうと思えばモデル体型になれる」ということがわかっていただければ嬉しいです♩

「自分には無理」と思ってることが問題

ダイエットを含め、何かをやる際に「わたし・オレには無理だから…」と思っている人が多すぎる気がします。
無理だと思うから無理なだけであって、やろうと思えばなんでもできるのが人間のすごいところだとわたしは考えています。

では、なぜダイエットにおいて「わたしは無理だから…」「どうせ痩せられない」と諦めてしまう人が多いのか?
それは、あまりにも間違ったダイエットの常識に洗脳されているからだと思うのです。
世の中の常識が「誰でもモデル体型になれる」というものだったら、「わたしもモデル体型になっちゃおっかなー」みたいな感じで気楽に取り組めますよね。

ダイエットが成功するかしないかは、「意識」がポイントになってきます。
繰り返しになりますが、できると思えばできるし、できないと思えばできない。

ただそれだけなんだということを、この「第1 章:ダイエットの基礎知識」で伝えていければと思っています^^

まずは意識改革から!「モデル体型になってみよっかなー」と声に出して言ってみてください。
周りに「何言ってんの?」と言われても関係ありません。
あなたが「できる」と思ったら、それはできることなのです♩

第4回はこれでおしまいです^^
いかがでしたか?第5回の疑問では、リバウンドについて答えていきます。

次の記事はこれ!
リバウンドしないダイエット方法・コツってある?

第1章ダイエットの基礎知識を学ぼう目次ページリンク

スポンサードリンク