肩こり解消におすすめの方法。肩こりは大胸筋の硬さのせいだった!

肩こり解消の鍵は大胸筋にあった

スポンサードリンク

こんにちは!ルカ(@RUKAv2)です♩

今回は、肩こりについてお話ししようと思います。「ん?ダイエットブログじゃないの?」と思われそうですが、実は肩こりもダイエットと深い関わりがあるんです。

肩こりになる主な原因は、姿勢です。姿勢が崩れると、必ず体のどこかに負担がかかります。

そして、姿勢はダイエットにも大変深く関わっています。使いたい筋肉が使えなくなります。ウォーキングやランニングを一生懸命しているのに太る、という人は、姿勢が関わっていることもあります。

また別で書きますが、肩こりや腰痛などの痛みがある人は、まずそちらを先にどうにかした方がいいです。体の痛みがあるのは、いわば「体がマイナスな状態」なわけです。マイナスからいきなりプラス(健康的に痩せるなど)へ!と思うと、ちょっと飛びすぎです。

まずは痛みをなくして、体をフラットな状態にしましょう。それから健康的に痩せる方法を考えたり、運動等に取り組む方がいいと思います。

肩こりに悩んでいて、かつ痩せたい!と思う人はぜひ読んでみてくださいね!

スポンサードリンク

強いマッサージは逆効果

「肩こりがひどいから、週3回はマッサージに行ってます」という人!危険です。

週3回も行くってことは、毎回良くならないから行ってるんですよね?

たしかに、マッサージしてもらった直後は効いた気がするかもしれません。しかし、それは文字通り、効いた「気がする」だけであって、逆効果なんです。

つまり、マッサージすればするほど悪くなっていくということ。「え?じゃあどうしてマッサージ屋さんがあるの?」と言われそうですが…それは、「みんなが知らないから商売として成り立っている」というのが本当だとわたしは思います。

実際、わたしが整体師として働いていたときは、ひどく凝ってもう我慢できないという人ほど「マッサージ屋さん常連客」でした。

そのときにはもう「強いマッサージをすればするほどひどくなる」ということは知っていたので、患者さんにはそう丁寧に説明していました。腑に落ちない様子の人もたくさんいましたが…

強く揉めば揉むほど、体は緊張します。一時的に柔らかくはなりますが、一時的でしかないのです。

揉むことで断裂した筋繊維が修復に向かう際、さらに硬くなります。硬くなると、弱い刺激では物足りなくなって、「もっと強く!」となってしまいます。

だから、強いマッサージ大好き!という人ほど危険なんです。筋肉が鈍感になっているイメージですね。

「揉み返し」がきた場合、「もう強いマッサージはやめて!」というサインです。見逃さないでくださいね!

肩こりがなくなると、全身痩せにつながることも!

実は、肩こりがなくなると全身痩せにつながることもあります。

そもそも肩こりの原因自体が姿勢によるものであることが多いので、「姿勢が良くなる=肩こりがなくなる」と同時に、姿勢が良くなったことで筋肉がしっかり使えるようになりダイエットにつながる、ということになります。

肩こりは、解消できるにこしたことはないですよね。

わたしはストレートネック気味なのと側湾症があるので、中学生の頃から肩こりに悩まされていました。肩こりだけでなく、頭痛もです。

それはそれは苦しくて、授業中も受験勉強も集中できないほどでした。医者に行けば「若いんだから運動しろ」という意味のわからないアドバイスを受け、整体は通い続けるにはお金がかかるし…と八方塞がりでした。

だから、地元の接骨院にたまに行きながらも、基本的に自分で調べて良さそうな方法を試して、という風に進めていったんです。

そうしていつの間にか肩こりから解放されました^^それと一緒に体もある程度スッキリしました。

整体、鍼、整形外科、姿勢矯正スクール、ウォーキング教室…本当に数え切れないくらいいろいろ試してきましたが、いちばん良いと思ったのは「さとう式リンパケア」です。前回も紹介しました。

わたしは、何よりお金をかけるのと人に頼るのが嫌だったんです。

毎回何千円と払って週1回通うなんて当時学生のわたしには無理があったし、さっきの医者みたいな的外れなアドバイスをする人もいて、もう嫌になってしまっていたんです。

このさとう式リンパケアなら、お金をかけず自分で、ということが可能になります。講習会も無料でやってます。

具体的には、耳たぶを回してそしゃく筋をゆるめ、連動している広頚筋や僧帽筋(肩こりの原因となる筋肉)までをゆるめて緊張を取るという方法です。

多少のコツは必要ですが、本などを参考にして何回かやればだんだん慣れてきます。

第3章でも詳しく書いているので、ぜひ読んでみてくださいね!

体の痛みによるストレスはすごい

わたしは、ダイエットを考える前に、健康を考えなければなりませんでした。

痩せてキレイになるよりもまず、「体の痛みを取りたい」とそればかり願っていました。もちろん、健康になれば自然とキレイになるとも思っていたのですが、健康を重視していたんです。

大学生の時に心も体も崩れ、肩こり、腰痛、坐骨神経痛、頭痛、背中の痛み、足のだるさ、むくみでの痛み…もうありとあらゆる痛みを感じていました。

体が痛いと、何も集中できません。ダイエットなら「痩せないとおしゃれな服が着れない」などと悩むのと同じように、「体の痛みが取れないと普通に毎日の生活を送れない」と苦しみました。

どこかの整体や鍼が良いと聞けば授業を休んででも行ってたし、痛みが取れるならなんでもするという思いでした。

だから、キレイになりたいという願いももちろんですが、まずは体の痛みを取ることを優先させましょう。痛みが取れる頃にはいつの間にか痩せていた、なんてこともあります♡

肩こりなどの体の痛みを取り除き、マイナスをゼロへ。そしてそこから、プラスにしていけばいいんです。これは、ストレスをなくすためにも重要です。わたしも体が痛いときは、ストレスで食べ過ぎていたりしました。

ただ痩せてキレイに見える体ではなく、体の中から健康でキレイな体を手に入れてほしいとわたしは考えています。

そのための情報を、これからも配信していきたいと思います♡

最後までありがとうございました。少しでもお役に立てたら嬉しいです!

スポンサードリンク