チョコレート(お菓子)を食べたら運動はムダになる?

Foundry / Pixabay

スポンサードリンク

こんにちは!ルカ(@RUKAv2)です。

ここまでの「ダイエッターの疑問」をまだ読んでいない人はこちらからどうぞ♩

今回取り上げた疑問は、「チョコレート(お菓子)を食べたら運動はムダになる?」というものです。

たくさん運動した後についお菓子を食べてしまって、「うわ〜今日の運動ムダになっちゃったよ〜」と言っている人を見たことはありませんか?
実はそれって、ちょっとおかしい考え方なんです。

運動した後にその分のカロリーを摂っても、決してムダになることはありません。
その理由を説明していきます^^

スポンサードリンク

運動の目的はカロリー消費だけじゃない

運動する目的というと「カロリー消費」がまず挙げられます。
運動後に食べてしまって「やっちゃった」と思うのは、このカロリー消費だけを考えているからです。

カロリー消費より大事な目的があります。
それは、「筋力を育てて基礎代謝量をアップさせること」です。 

運動することによって筋肉が育てば、何もしてなくてもカロリーを消費する体を作れます。
このことを考えれば、消費したカロリー分のカロリーを摂ってしまってもムダにはなりません。 

運動は「その時だけ」のものではなく、長期的に見て体を育てるものなのです。 

カロリーより「質」が重要

ただ、運動した後にお菓子をパクパク食べるのは良くありません。
それは、消費カロリー分をオーバーしてしまうからというよりも、せっかく体にとって良いこと(運動)をしたのに、質の悪いものを体内に取り込むことになるからです。

たとえば、300カロリー消費する運動をした後に300カロリー分の栄養からっぽのお菓子を食べるのと、300カロリー分の栄養バランスを考えた食事を摂るのとでは、まったく意味合いが違います。

前者を選べば体は育ちませんが、後者なら筋力アップや基礎代謝量アップに繋がります。
よく「運動後にプロテインを飲むといい」と言いますが、筋肉をつけるもとになる「タンパク質」を多めに摂ることで筋肉は育ちやすくなります。

良い食事内容にすれば、消費したカロリー分を摂ったとしても「巡りの良い体」ができあがります。
運動後に「お菓子食べちゃった〜」と言うなら、本当の意味で何がいけないのかを知っておくべきです。
カロリーのことだけ考えていると良くない方向へ進んでしまいます。 

「食べて痩せる」という意味

「食べて痩せるって結局どういうこと?だって食べれば太るでしょ?」と思っている人もいるかもしれません。

「食べて痩せる=巡りの良い体を作って痩せる」という意味です。
体内の巡りが良くないと、便秘になったりむくみやすくなったりします。
その分体重は増えていきます。食べていないのに痩せない人は、巡りが悪くなっている可能性大です。

必要な栄養素が足りないと、体の循環は滞ります。
食べなければいいってものじゃなくて、体が巡るには何が必要か?を考えなければいけないのです。
そのためには、筋肉のもとになるタンパク質や適度な糖質と脂質、ミネラルが必要になります。

「運動で消費カロリーを増やして、摂取カロリーを減らすために体には何も入れない」というめちゃくちゃなことをすると体もめちゃくちゃになるので気をつけてくださいね。
間違ったダイエット、不健康なダイエットはいつかどこかで行き止まります。

以上、「チョコレートを食べたら運動はムダになる?」の回答でした^^
参考になれば嬉しいです。

次の記事はこれ!
太もも前側の筋肉の落とし方を教えて!たくましい太ももを華奢にしたい!

第1章ダイエットの基礎知識を学ぼう目次ページリンク

スポンサードリンク